常洋水産株式会社
Joyo Suisan CO.,LTD
HOME会社情報採用情報アクセスマップお問い合わせ

会社概要ごあいさつ会社沿革会社組織図グループ企業市場流通のしくみ福利厚生

旬のおさかな情報

こちらでは旬のおさかな等、いろいろな種類の海産物を紹介しています
3月

(はまぐり)


3月5日更新 分  類 
マルスダレガイ科


旬の季節 
 12月~3月


産  地 
○北海道南部から九州にかけて生息しています。


特  徴           
○水深10mくらいまで生息域とし長さ8cm、幅3.5cm、高さ6.5cmの丸みを帯びた三角形の貝殻をもつ貝です。



○ハマグリはアサリよりも水質の変化に敏感で水の汚染には弱いとされています。最近は埋め立てや干拓の消失により激減し、中国から朝鮮半島に生息する近縁の支那ハマグリの輸入が多くなりました。
 

○小石のことを「ぐり」と言い浜の小石のような貝のため「はまぐり」と命名されたと言われています。


○「相性の良い相手が見つかりますように・・・」という願いが込められ、貝合わせという遊びとした雛祭りに供えられなど古くから日本人には愛されてきました。
○昔から、日本画や日本人形の絵付けに使われる胡粉は、はまぐりの貝殻が原料となっており各地から白色度の高い貝殻が集められます。
目利きのポイント  
〇中ぐらいで口がしっかりと閉じたもの、また殻に光沢のあるものがよいでしょう。貝同士を打ち合せてカチカチと澄んだ高い音がすれば新鮮な証拠です。


おいしい食べ方   
〇【焼きはまぐり】焼き加減は殻に天塩をふり塩が乾いた頃が焼き頃です。
 【潮汁】塩と薄口醤油で味付けした汁にはまぐりを入れたものです。加熱しすぎると身が硬くなるので一煮立ちさせるくらいでよいでしょう。
旬のはまぐりを使った料理>>> レシピ

栄  養  
〇昔から蛤汁は尿の通じをよくし、胃腸を活発にし二日酔いにも良く効くといわれています。はまぐりの旨み成分は主にグルタミン酸、タウリン、アラニングリシンのようなアミノ酸でアサリやシジミよりもよいとされています。



      HOME     会社情報     採用情報     アクセスマップ     お問い合わせ
                        


Copyright © 2014 Joyo Suisan All Rights Reserved.